「おえってなる」原因とは

歯磨きをして「おえってなる(吐き気がする)」原因は様々あります。例えば下記のような例が考えられます。

・妊娠初期
・体調不良
・二日酔いの時
・歯磨き粉が合わない
・ストレス
・暴飲暴食

基本的には上記のような例が考えられますが、私の場合で言うと体調が悪い時に歯磨きをすると「おえっ」となる場合があります。また私の場合は奥歯の方を歯磨きをしていると吐き気がする事が多いです。

このように多くの場合は体調不良が原因で歯磨きで吐き気がする事が多いので、歯磨きでの吐き気が辛いという場合には自分の体調を気をつけて見ると良いでしょう。

また歯磨き粉が体に合わないという場合も考えられます。人にはそれぞれ大なり小なりアレルギーというものが存在します。

意外と知られていませんが、これは歯磨き粉に対してもある事なのです。なぜならば歯磨き粉は毎日使用するものなので、ずっと使っていた歯磨き粉にある日突然アレルギー反応が出る場合だってあるのです。

おえっとならない時間に歯磨きをする

また「おえってなる」原因として歯磨きをする時間も関係があるかもしれません。基本的に食前に歯磨きをすると「おえっ」となりやすいと言われています。

またこの症状は人によって様々です。例えば人によっては食後の歯磨きの方が吐き気が強いという方もいるようです。

このような例を参考にして、自分自身でもどの時間が「おえっ」となりやすいのかを調べてみると良いでしょう。具体的には「食前、食後、食間」で歯磨きを実際にしてみて調べてみて下さい。(ちなみに食間とは食事中の事ではなく、食事と食事の間の事です。誤解のないように補足説明でした。)

体調を整えてストレスを減らす努力をする

最後に、吐き気というのは体調に大きく関連する体の症状です。日常生活にストレスが大きい場合には吐き気が大きくなってしまいますし、体調が優れない場合でも同じ事が起こります。

つまり歯磨き中に「おえっ」と吐き気がするのは、もしかすると体からのSOSだと考える事もできるのです。体が悲鳴をあげていて、それが吐き気に繋がっているとしたら問題なのは歯磨き中の吐き気ではなく、あなた自身の健康やストレスの状況なのかもしれません。