歯磨きのタイミング

歯磨きをするタイミングは食後が効果的です。なぜならば虫歯菌は食事の中に含まれる砂糖や糖類をえさにして酸を出して歯を溶かしてしまうからです。

つまり口の中に食べ物のな残りカスがない状態にしておけば虫歯菌は酸を出す事がないからです。虫歯菌が酸を出さなかれば歯が溶ける事もないので、虫歯になる事もありません。

歯磨きの時間の長さ

歯磨きをする時間の長さですが、理想的な時間の長さは15分だと言われています。15分というとかなり長いように感じる方も多いと思います。

確かに実際に洗面台で15分も歯磨きをするとなると結構大変だと思います。ですが歯磨きをテレビをみながら、また軽いストレッチをしながらしたとしたらどうでしょうか?

何かをしながら歯磨きをする方式なら、案外飽きずに歯磨きをする事ができるのではないでしょうか?つまり歯磨きをじっくりする為にながら歯磨きをするという方法も1つの歯磨き方法だと言えるでしょう。

歯ブラシ

◎歯ブラシの硬さ

歯ブラシの硬さについてですが、子供は柔らかめ、大人は固めという歯ブラシの選び方をする方は多いと思います。また女性は柔らかめ、男性は固めの歯ブラシを購入するという方も多いと思います。

ですがしっかりとした歯磨きをする為には、柔らかめのブラシの歯ブラシを使用する方が良いと言われています。なぜならば、ブラシが硬い歯ブラシですと歯と歯の間がしっかりと磨けない場合があるからです。

市販の歯磨き粉の場合

◎歯磨き粉の選び方

歯磨き粉については、毎日使用するものなので無添加の歯磨き粉を使用する方が良いでしょう。ですが無添加の歯磨き粉ですと金額が高い場合も多いので、できるだけ安全な歯磨き粉を使用しようと考えるなら合成界面活性剤を使用していない歯磨き粉を購入すると良いでしょう。

なぜならば、合成界面活性剤は人間の体には悪い成分であると言われているからです。ちなみに合成界面活性剤はサッカリンナトリウムと表記されている場合が多いのでその点も気をつけましょう。

◎歯磨き粉の量

歯磨き粉はごく少量で歯磨きをする事が望ましいでしょう。具体的には小豆の大きさほどの歯磨き粉を歯ブラシにつけるだけで良いとも言われています。

また歯磨き粉を沢山つけて歯磨きをすると、口の中が必要以上にスッキリとするので、その爽快感から十分に歯磨きをしていないのにも関わらず「しっかりと歯磨きをした」と誤解してしまう場合があると言われています。

歯磨きの際には、このような誤認を避ける為にも、使用する歯磨き粉はごく少量の使用に留める方が良いでしょう。